竹田綜合病院 > 地域がん診療連携拠点病院 > 緩和ケアについて > 緩和ケア病棟

地域がん診療連携拠点病院

地域がん診療連携拠点病院とは

緩和ケア病棟開設までの歩み

 会津地域に「ホスピス病棟」を作ろうと言う運動は、地元有志、会津若松医師会、会津仏教、会津キリスト教会の方々が参加して組織された「会津ホスピス研究会」というボランティア団体による勉強会から始まりました。1980年代後半の事です。
 以来、多くの市民の参加を得て熱心な活動が続けられてきました。
 2009年、竹田綜合病院の新病院計画の中に「緩和ケア病棟」が示されたことを受け、会の名称を「生と死を考える会・会津」と変更し、活動は現在にまで至っています。

 このように長い期間、ホスピスを考える市民活動が続けられてきたわけですが、この間に、「終末期医療」に対する考え方は、医学の進歩や社会情勢の変化を背景にして、大きく変わって行きました。
 「ホスピス」という「看取りの病棟・終の住処」という概念から、身体的苦痛、精神的苦痛を出来る限り緩和し、最後までその人らしく生きぬく医療を提供する場として「緩和ケア病棟」が求められるようになっていったのです。


 そして、平成26年9月1日、竹田病院総合医療センター10階東に、待望の「緩和ケア病棟」(15床)が誕生しました。
 地域がん診療連携拠点病院として会津地域で初めての「緩和ケア病棟」の稼働となります。
 病棟では、緩和ケア科科長の渡邉睦弥医師を中心に、認定看護師やリハビリスタッフ、MSW、栄養師など多職種が関わり、全人的に患者さんを支える医療を提供してまいります。
 また、家族室やファミリーキチン、静かに時を過ごせる展望ラウンジなど施設は大変に充実しており、ご家族と共に穏やかな時間を過ごしていただける配慮が充分になされています。

 『去りゆく日を待つための病棟から、その人らしく生きる、生き切っていただくための病棟へ…』
 そんな願いを込めて、私たちはこれから「緩和ケア病棟」の運営に全力を尽くしてまいります。

 

緩和ケア病棟とは

当院では、平成26年11月より緩和ケア病棟を開設いたしました。
「緩和ケア病棟」は、がんの患者さんの身体的、精神的、社会的、スピリチュアル的な苦痛を出来る限り緩和し、その人らしい生活を送っていただけるようにする病棟です。ご本人、ご家族の希望を尊重したケアを提供し、在宅を望まれる方には症状を緩和し、環境調整をさせて頂いた後、家庭生活に戻っていただいております。

当院の緩和ケア病棟の目標

1)緩和ケア病棟は、家庭の雰囲気を大切に考えています。
2)からだと心の辛さを和らげ、普段の生活や自分らしさを取り戻して頂くために、様々な症状や痛みの治療とケアを行います。
3)在宅療養への支援を行います。患者さんが住み慣れたご自宅で安心して過ごせるようにお手伝いさせて頂きます。

入棟して頂くにあたり、以下の条件が満たされる必要があります

1.悪性腫瘍(がん)に伴う身体的・精神的な苦痛のために、ご自宅での生活が困難で、主治医もしくは緩和ケア科医師により緩和ケアが必要と判断されている。
2.緩和ケア病棟に入院中は、抗がん剤の治療などを行わないことをご
本人及びご家族が理解されている。
3.ご本人及びご家族が、緩和ケア病棟への入院することを希望され、同意されている。
4.*入院(入棟)判定会議で、入棟が許可された場合に入棟することが出来ます。
5.下記の退院・退棟の基準に該当する状態になった場合は、退院もしくは一般病棟へ転棟していただくことをご本人及びご家族が了承されている。

*判定メンバー:緩和ケア医師、看護師(緩和ケア病棟看護責任者・認定看護師)、身体科の医師、ソーシャルワーカー
 
※下記の場合は(原則として)入院(入棟)の適応とはなりません

1.緩和の対象となる症状がなく、介護が入院の主な目的となっている。
2.がん以外の併存疾患が悪化し、その治療を優先する必要がある時、または、積極的延命治療(人工呼吸器・人口透析など)を希望されているとき。
 

以下の状態になった時には退院・退棟となります

1.病状が安定しており、ご本人及びご家族が在宅療養を希望されている。
2.がんに対する積極的な治療の再開を希望されている。

緩和ケア病棟のスタッフ

緩和ケア病棟では、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、リハビリ療法士、ソーシャルワーカー(社会福祉士)、カウンセラー(臨床心理士)などがチームとなって、患者さんとその家族を支援いたします。

医師
緩和ケア病棟常勤医師(緩和ケア研修終了) 1名


看護師 
 14名(うち、認定看護師2名)
(施設基準では、患者さん7人に対し看護師1人となっています。
当院ではより質の高い看護を提供できるよう、日中は4〜6人、夜勤は2人の看護師でお世話させていただきます)


薬剤師
患者さんに薬の説明をさせて頂いたり、調剤を行います。
必要なときはベッドサイドに説明に伺います。


管理栄養士
患者さんの食欲や体調に合わせた食事の提供に心がけ、ご希望に沿った食事の提供を行います。


リハビリ療法士
がんやがんの治療により生じた疼痛、筋力の低下、障害等に対して運動機能の低下や生活機能の低下を改善する目的で種々のリハビリを行います。


ソーシャルワーカー(医療社会福祉士)
専門的な知識で相談に応じ、福祉サービスや保健医療サービスを提供する関係者との連携及び調整を行い患者さんとご家族を援助します。


カウンセラー(臨床心理士)

患者さんの精神的な苦痛を和らげる支援をします。

                       

         

 

ご家族へのケア

患者さんを支えるご家族も毎日つらく不安な気持ちで過ごしていると思います。
緩和ケア病棟では、スタッフがご家族の気持ちに寄り添い、少しでも心の負担が軽くなるよう努めてまいります。

緩和ケア病棟の施設概要

【病床数15床(全室個室)】 

無料個室8床

有料個室7床(一日につき8,000円税別)
(有料個室には、ご家族や面会の方とゆっくり過ごして頂けるようソファーベットを設置してあります
)    

 
【ファミリーキッチン】

家庭的な雰囲気で、台所で調理を行えます。
家族や友人とゆっくりくつろいでお話ができます。
   
【面談室】

病状の説明や看護師、ソーシャルワーカー、カウンセラーの相談などに利用できます。
   
【家族控室】

ご家族の控室として利用できます。
   
【機械浴室】

寝たままでも入浴できます。
   
【多目的室】

病棟の行事、患者さん、ご家族の催しなど多目的に利用いただけます。
   
【屋上庭園】

入院中でも景色を見ながら季節の移り変わりを感じていただけます。
   
【展望ラウンジ】

磐梯山や鶴ヶ城など四季折々の会津の景色が一望できます。

 

入院費用について

各種健康保険が適用となります。高額医療費制度も適用されます。

がん診療連携拠点病院の認可

当院は、福島県より地域がん診療連携拠点病院の認可を受けており、患者さんに専門的ながん医療の提供、地域のがん診療の連携協力体制の構築、がん患者さんに対する相談支援及び情報提供を行っています。

病院機能評価の認可

当院は、公益財団法人日本医療機能評価機構が行う病院機能評価により、地域に根ざし安全・安心、信頼と納得の得られる医療サービスを提供すべく日常的に努力している病院として、一定の水準に達していると認められた認定病院です。

入院に関するご相談は

竹田綜合病院「緩和ケア外来」(総合医療センター 3階)
TEL 0242-29-8411(直通)
【相談時間】午前9時〜午後4時

 

ページのトップへ