竹田綜合病院 > 地域がん診療連携拠点病院 > 緩和ケア医療について

地域がん診療連携拠点病院

地域がん診療連携拠点病院とは

緩和ケアチーム

「緩和ケアチーム」は多職種で構成された専門のチームです。
がん診療に 携わる医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、作業療法士、臨床心理士、医療社会福祉士がチームとなって、患者さんと家族を支援します。

緩和ケアチームに所属する職種別の役割
医師・看護師 がんに伴う身体的、精神的な症状を和らげます。患者さんと同様に家族の不安を和らげ支援します。
薬剤師 痛みなどの症状を和らげる薬についての助言や指導を行います。
管理栄養士 食事の工夫や栄養面の相談を行います。
理学療法士
作業療法士
身体の機能を活かし、安全に生活ができるようにするためのリハビリを行います。
臨床心理士 気持ちの落ち込み、不安など心の症状について専門的に支援します。
医療社会福祉士 生活面や医療費などの経済面についての相談を受けたり、社会的サービスや在宅医療を受けるための支援を行います。

主なメンバーとコメント

(各画像をクリックするとコメントがご覧になれます。)


ページのトップへ