竹田綜合病院 > 地域がん診療連携拠点病院 > 緩和ケアについて > 在宅緩和ケア

地域がん診療連携拠点病院

地域がん診療連携拠点病院とは

在宅緩和ケア

病状が安定した時、患者さん、家族が自宅で過ごすことを希望された時、退院することができます。医療社会福祉士がベット、エアーマット、車椅子などの準備や社会的サービスの調整を支援します。
更に医師による訪問診療と看護師による訪問看護を利用しながら住み慣れた家で家族と共に過ごすことができます。
「緩和ケア」は在宅療養中の患者さんと家族を支え続けます。


ページのトップへ